【5Gとは?】人体に悪影響ある?ホント?専門家が指摘?【考察】

情報技術

【5Gとは?】人体に悪影響ある?ホント?専門家が指摘?【考察】

 

とうとう日本でも、5Gが本格化してきましたね。

2020年の春から5Gの適用サービスが開始されます。先陣を切ったのは、 NTT ドコモさんです。

しかし、そんな5Gですが、一部の専門家は人体に悪影響がある、電磁波による心肺機能の低下など多くの懸念が挙げられています。

 

そこで今回は、本当に電磁波である5G導入で、同時に健康被害や危険性などがあるのか、考察していきたいと思います。

 

そもそも、【5G】って何?

これを理解するのは本当に難しいので、分かりやすく解説している、オリエンタルラジオの中田さんの YouTubeを参考に見てみてください。

 

【前編】

【後編】

本当に分かりやすい動画構成で、文系の僕でも「5G」について理解することができました。

 

5Gn概要については、本当に、多くの情報が出ているので、少し引用させていただきます。

第5世代移動通信システムは、1G、2G、3G、4Gに続く無線通信システムである。 5Gのエアインターフェースは、6 GHz以下の周波数帯を使ってLTE/LTE-Advancedと互換性を維持しつつ、6 GHzを超えたセンチ波により近い28 GHz帯帯域も使った、新しい無線通信方式を導入する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

特徴は、以下の通りです。

  • ①高速・大容量 4Gから100倍の速度
  • ③低遅延 4Gから1/10の低遅延
  • ③多数端末との接続 4Gから10倍の接続

 

5Gの特徴を、もう少し詳しく解説していきます。

高速・大容量 4Gから100倍の速度

分かりやすく例えると、今まで使っていた4Gが車の一般道で言うならば5Gは、高速道路みたいな感じです。

動画サービスの本格的な普及や、「4K/8K」が代表されるような大容量のコンテンツや娯楽など、さらには、セキュリティーや医療・教育などといったニーズの今後、高まると予想されています。

 

5Gの説明動画です。

  • 高速化の要求条件は、10Gbps以上の速度を達成すること

 

これらをサポートするには、5Gによる高速かつ、大容量の通信速度が必要ということです。

低遅延 4Gから1/10の低遅延

LTE においても、数ミリ程度の遅れをカバーすることができています。

しかし、これから2020年に向けて、さらなる「速さ」が必要となってきます。

  • 更に、高信頼性に関しては、99.999パーセントの信頼性が要求される

 

この辺は、楽天モバイルが何か革新的なことをしていますね。

【社会変革を起こすコアテクノロジー】として、前の楽天モバイルのカンファレンスの時に、革新的な技術は発表していました。

 

ド素人
ド素人

詳しく知りたい方は、こちらも参考に読んでみてくださいね。

多数端末との接続 4Gから10倍の接続

モノのインターネットと言われる「 IoT やM2M通信」に代表される、物と物をつなぐ時代になりましたね。

 

  • 5Gに向けては、現状の100倍以上の端末接続をサポートすること

そらそらの素人や初心者では、全く理解ができない、、領域まで踏み込んでしまっています。(笑)

詳しくは、この動画を参考にしてみてください。

【5Gの電波】専門家が結論を出した?

  • 専門家の答えは、現段階では「NO」である。

この現段階という文脈に、注目すると今後は「イエス」に変わってくるという意味合いでもとることができます。

 

以前に紹介した都市伝説系ユーチューバーの「ウマヅラさん」も5Gに関して、警鐘を鳴らしていたので参考に見てみてください。【都市伝説】関さんだけじゃない!謎を探求する都市伝説系YouTuber。

このような危険性を受けて、動いた自治体や地域もあります。

世界中の通信量が5 Gの構築に向けて争う中、アメリカの一部の州では、大規模な規制に乗り出してるとこもあります。

オレゴン州ポートランド市議会は2019年、連邦通信委員会(FCC)に5Gの潜在的な健康リスクに関する研究をアップデートするよう求める決議を行った(米国小児科学会は2013年、携帯電話の一般的な使用に関する研究について、FCCに同様の要求をしている)。

ヨーロッパでも健康被害で、動物に実際に害が起きたことから、規制するような動きも見られます。

「ミリ波」による通信の問題

主に、懸念されているのは、大幅な高速化を実現する中で高周波数帯のミリ波の技術であります。

ミリ波とは、電波で波長が1~10ミリメートル、周波数に直すと30~300GHzのものと定義されています。この周波数帯の電波を英語ではEHF(Extremely High Frequency)と呼ばれることもあります。

このミリ波が、5Gで大きな鍵となっているということですね。

 

実際に、5Gの電波近くでは、このような症状が起こっています。

  • ①消防士が不眠になり頭痛を抱えた
  • ②子供の脳腫瘍・白血病のリスクが高まった
  • ③その他の病気の発症率が倍増になった

これを巡っては、色々と諸説があると思いますが、一応このような事実もあったということだけは、伝えておきます。

詳しくは、こちらでも解説されているので興味のある方は、参考に動画見てみてくださいね。

今後拡大する5G市場

5Gが今後、さらに普及していく中で、人体に及ぼす影響というのは不透明な部分が多いですが、拡大もう止めることはできません。

ただ、まだ基地局としてエリアを拡大している段階にいるので、急激に5G導入が広まるとは、考えにくいです。ただ、引き続き今後の動向には、チェックしていく必要がありますね。

 

オリンピックの中止か延期もしくは、無観客で実施するかもしれないし、本当によく分かりませんよね。【中止だ中止】AKIRAが予言?!今後の東京オリンピックはどうなる?!

 

それと同時に、5Gの市場もどれほど拡大するかも、まだまだ見通しがつきません。

【まとめ】5Gは、破壊か?それとも正義か?

最後までご覧頂きありがとうございました。

今回は、少し都市伝説陰謀論に近い形になってしまいましたが、個人的にはすごく面白い記事でした。

 

こんなタイトルの記事を書きましたが、僕は、おそらく普通に5Gを使う予定です。(笑)

ですが、本当に健康被害が確認されたりしたら、今すぐに4Gに戻します。(笑)

 

最後までお疲れ様でした!!

あわせて読みたい記事

 

ド素人
ド素人

下までスクロールありがとう!暇な人は読んでみてね!!

タイトルとURLをコピーしました