【革新的!】事務作業が3倍効率アップ!OCRカメラについて

Web開発

【革新的!】事務作業が3倍効率アップ!OCRカメラについて

皆さんは OCR カメラについて知っていますか。

PC上で文字を認識するOCR(Optical Character Recognition/Reader)の頭文字をとって、OCRということですね。

僕もこのカメラに関しては最近知ったのですがかなり革新的でとても感動した、技術革新となっていますので是非皆さんと共有したいと思いこの記事を書きます。

そもそも OCR カメラって何?

まずは、文字検査と同時に説明した方が分かりやすいと思うので、まずは、文字検査について説明していきます。

以下、インターネットを参考にした引用を載せておきます。

印字の有無を検出する検査です。 読み取れない文字を検出する検査です。 印字されている文字と判定文字列を比較して合否判定をする検査です。

文字検査・OCR | 画像処理.com | キーエンス
OCRをはじめとした画像処理を活用した文字検査についてご説明します。「画像処理.com」は、画像処理を基礎から徹底解説するサイトです。株式会社キーエンスが運営しています。

 

ド素人
ド素人

なるほど、そもそもは読み取れない文字をインターネットを通じて読み取ろうという技術革新のことですね。

しかし、この OCR という技術革新は様々な段階を通じて読み取られる!って言う流れに少し見ていきましょう。バーコードの読み取り機能なんかと近いかもしれませんね。

文字検査の応用について

文字検査とは、部品や製品に印字された文字を確認・判別・判定する検査です。印字検査とも呼ばれる技術で様々なシーンで活用されています。

 

具体的に言うと、金属に刻印された QR コード(二次元コード)などの読み取りや品番や型番の文字検査などなどに活用されてます。

OCR技術について

色々な手順を踏んで行う必要があります。

まずはステップ千歳画像を取り込む必要があります、その後にレイアウト解析というものは行われて大体の段落や領域枠線などをスキャンします。

 

さらに、塊や文脈などを切る出し、高確率の処理能力判断を使います。最近では、 Google や LINE などが本格的に力を入れてこの OCR の技術開発を実現しています。

 

特に、僕は LINE で気軽に画像などをの文章を読み取り文字起こしし、それを参考にワードにはレポートや資料などを変えたりという作業を中心に行なっています。

この OCR の技術革新を知ってから普段の作業が2倍3倍と効率よく、目の前のタスクを処理することができるようになりました。

【本記事のまとめ】作業爆上げ!!

最後までご覧頂きありがとうございました。

今回は、少し革新的なだけに僕もこの技術には、かなり革命的な活路を見出しています。どんどん、人間の手作業が効率化されていき、将来的には、思考がそのまま文章に把握されるような仮想現実な世界がくるかもしれませんね。

 

あわせて読みたい記事

 

 

ド素人
ド素人

こちらの記事も、面白い記事を書いてありますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました