【資本主義の搾取?!】初心者向け!ローン契約の仕組みと注意点について。

キャッシュレス

【資本主義の搾取?!】初心者向け!ローン契約の仕組みと注意点について。

 

みなさんは、ローン契約ってしってますか?

僕は、ローン契約はまだ使ったことないけどよく単語としては、耳にしますよね。今回は、少しここの部分を説明します。

そもそも、「ローン契約」とは一体!?

ローン(loan)という言葉は、「何かを貸す」とい意味ですが、銀行では、個人のお客さまにご融資(お金を貸す)する場合の商品のことをローンと言います。マイカーローンや住宅ローンなどがあります。

 

https://www.gunmabank.co.jp/kojin/kariru/koza/koza1.html

 

つまり、お金の貸し借りということですね。しかし、これも資本主義の罠ということで有名です。

 

  • 一概には、強者による弱者の支配システムということですね。

【住宅ローン】ってなぜ、損する!?

「もし多額の住宅ローンを借りたいのなら、住宅ローン控除の適用上限を目安に住宅ローンを借りるも一案です。超低金利のため、金利の負担額は少なく、減税効果による所得税還付を加味すると、住宅ローンを借りたほうが金銭的なメリットを享受できる可能性があります。住宅ローン加入時には団体信用生命保険という生命保険に銀行の保険料負担で加入できますから、無理に借入額を減らす必要はないとも言えます」

 

https://toyokeizai.net/articles/-/231723?page=2

 

つまり、多くの額を貸すと同時に少しの利子を与えることにより、何かを引き換えに忘れたころに、搾取されているということですね。

【危険?!】4つの落とし穴をおさえよう!

住宅ローンでは、以下のような決まり文句でよく騙されます。

 

  • 「家賃並みの毎月返済額で買えます。」
  • 「とりあえず、頭金入れておけば良いです。
  • 「子育てを中心に、住処が安定したら大丈夫ですよ。」
  • 「金利上昇しても、返済額は変わりませんよ!」

 

これらの、言葉をよく使われると思いますが、しっかりと注意してくださいね。

【結論】じゃ、どうしたらいいの?!

 

『結論!』

  • 自分の手に負えない、額には手を出さない。

 

もう、本当にこれに尽きます。

自分の買えない額に、手を出すのはいかにもナンセンスです。

 

身の丈にあった商品を買いましょう。お金は、信頼です。

【解決策】カードローンから抜け出す方法

簡単な気持ちで、借り入れにいたことが原因で、ほとんど完済することができない人が多くいます。ローンとは、信用問題であり、もし返済できなかったら、何か今現在ある、不動産や金品などを売り払い、資金を工面しなけらばなりません。

 

要するに、延滞手数料なども支払う必要があるということです。

 

  • ローンやクレジットは、信頼関係である。

 

本当に、これから使われる方や利用される方は、これを念頭に置いてくださいね。

【本記事のまとめ】罠に陥らないように注意しよう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

やはり、結論である以下のことを。

  • 自分の手に負えない、額には手を出さない。

 

これさえ、守れば自分が不利な立場になることはありません。しっかりと、自分の額と相談をして、また、推定や予測だけでの購入だけでなく、現実をみてくださいね。

あわせて読みたい記事

 

 

 

ド素人
ド素人

こちらの記事も参考になると思うので、お時間のある方はぜひ、読んでみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました