【富裕層が還元する時代?】今後のデジタル課税の行方についての考察。

還元制度

【富裕層が還元する時代?】今後のデジタル課税の行方についての考察。

みなさんは、デジタル課税について何か知ってますか?

最近、よくテレビや新聞などでよく目にしますよね。僕も、今日の新聞で大きな見出しでOECDのデジタル課税についてお話していきますね。

【疑問?】まず、OECDって何!?

経済協力開発機構は、ヨーロッパ、北米等の国々によって、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関。 本部事務局はパリ16区の旧ラ・ミュエット宮殿に置かれている。公用語は英語とフランス語。

事務総長はアンヘル・グリア。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

要するに、ヨーロッパ経済を活性化させるための組織・機関ということですね。アメリカが戦争で疲弊した歴史を流れを汲み取り、ヨーロッパ復興支援計画ということですね。

『本題』のデジタル課税にとは?

 

拠点を置かず、インターネットを通じて世界各国で事業を展開するグーグルやアマゾン・ドット・コムなどの巨大IT企業に対する課税。現行の国際ルールでは、国内に支店や工場などの物理的な拠点がない外国企業には原則課税できません。電子商取引が活発な昨今の情勢に合わないとの批判が多いことから、経済協力開発機構(OECD)は新たな課税方法について2020年までの合意を目指しています。

 

つまり、巨大プラットフォームに対して、税金と同じく課税することを目的とした制度ですね。

 

パリで開かれた、会合を終え、昨年の公表した骨格案で大枠合意しました。対象企業の範囲など、残る論点を詰め、今年の7月に事実上の決着を目指す考えです。

 

今回は、その大枠が合意されたことで、話題になっていますね。少し、ここの部分に関して解説していきますね。

【注目!】米国大統領選挙民主党候補ヤン氏!!

 

読んでる方で、このヤン氏について知ってる方は、いますかね、、、、。

僕も、最近知った人なのですが、少し興味深い方なので、紹介していきますね。

 

2020年の米国大統領選挙での民主党候補者の1人のアンドリュー・ヤン氏が、2020年1月に自身のツイッターでキラーロボットの導入には反対の表明を投稿したことで有名な方ですね。

 

ヤン氏はAI(人工知能)やロボットの発展によって仕事を失う労働者が増加することを踏まえて、18歳から64歳のアメリカ国民に月1000ドルを支払うユニバーサル・ベーシック・インカム制度を提案しています。

 

今後、どうなるのか楽しみな方ですね。

 

いわゆる、巨大IT企業のGAFAと呼ばれる大きなプラットフォーマーに対して、稼ぐことは当然のこと分かるから、その稼いだ額をデジタル課税として、以下のように考えている人ですね。

 

  • アメリカの人や、民間に配ろう!

 

この考えは、今回の大統領選挙の大きな論点になりそうですね。

 

また、エリザベス・ウォーレンって方をご存知ですか?

エリザベス・ウォーレンの『GAFA解体論』について

 

まず、少し人物紹介しておきますと、この方は、アメリカの議員です。

以下を参考にしてみてください。

 

エリザベス・ウォーレンは、アメリカ合衆国の学者および政治家。民主党所属、マサチューセッツ州選出上院議員である。かつてテキサス大学法学部、ペンシルベニア大学法学部、ハーバード・ロー・スクールで教鞭をとっていた。連邦倒産法を専門とする著名な学者であり、商法の分野で特に有名であった。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

この方も、さきほどのヤン氏と同様に巨大プラットフォーマーに対しての規制をかけようとしています。

具体的には、以下の通りです。

「次世代のテクノロジーイノベーションを生み出すためには、現世代の巨大テック企業を解体する必要がある」

 

と力強く発言していますね。

一、個人のvs巨大プラットフォームという抗争になっており、しかしこれが実現すれば、本格的に分割もしくは規模の縮小の方向性に行くのではと感じています。

 

どうなるのでしょうね、、、。日本の選挙より動向が気になるぐらいでまずは、民主党から誰が候補者として推薦されるのか楽しみです。このまま、トランプさんの言動がまた、4年間続くのか、それとも、ここで誰かが、阻止するのか結果が気になります。

【本記事のまとめ】今後の動向に注目!

最後までご覧いただきありがとうございました。

少し、デジタル課税とは、最後方向性がそれてしましましたが、どのように課税するのか、また基準をどこに落とすのか、自分たちの生活にも深刻に関わってきそうな問題ですね。個人的には、やはり大企業から還元されるような制度ができたら、嬉しい反面はありますけど(笑)

2020年、まさに今年にアメリカの大統領選挙がありますね。どうなるのか、また、民主党からはヤン氏とエリザベスウォーレン氏のどちらが共和党と戦うのか、しっかりと今後もアンテナを広げて注視していきたいですね。

参考に読みたい記事

 

 

ド素人
ド素人

お時間のある方は、是非、こちらの記事もよんでみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました