【クレカ・キャッシュレス特集】駆け込み需要のラストチャンス?!

キャッシュレス

【クレカ・キャッシュレス特集】駆け込み需要のラストチャンス?!

 

みなさんは、去年の10月の増税のタイミングで波に乗れましたか?

2019年の10月で消費税が8%から10%になりますね。それにより今は、 GDP がかなり減少しており悪影響が出ていますね。

僕の実家では、まだみんな現金を使っていて、「現金を持っていると損をするよ」で注意勧告したら仕方なく paypay などといったぺイやクレジットカードを作って使ってくれたので良かったです。

 

今回は、キャッシュレスの駆け込み需要テーマとして、まだ現金を使ってる方向けてのブログ執筆になっております。記事の前半は、キャッシュレスや政府が推進していることなどを少し挙げてから、事業者向けの導入を検討している方に対して、後半には、実際に便利なキャッシュレスツールを紹介していきます。

では、よろしくお願いします。

そもそも、キャッシュレスとは

 

ド素人
ド素人

そもそもキャッシュレス化って何?なんか、横文字ばかりで日本人にはとっつきにくい単語だなぁ…?

 

  • まだ、紙幣・硬貨が残っているから現金でいいのではないか…?

特に、こんな疑問をまだ持たれてる方にとってに向けて、書いている記事なので少しキャッシュレスも使っている方からしたら当然のことを書いているかもしれません。

 

つまり僕の意見としては、

  • →今すぐ現金は、金融機関などに預けましょう。

 

はい、これが今回の結論であり僕の、答えです。

 

キャッシュレスとは

キャッシュレスとは、電子マネーやクレジットカードなど「現金を使わずに支払をする方法」全てのことを指します。

 

ド素人
ド素人

単語そのままの通りで、現金を使わないということですね。

では、少しキャッシュレスの決済手段について見ていきましょう。

気になる?!キャッシュレスの決済手段について

 

大きく分けて大体4つあり、かなりざっくりと説明していきます。

 

①『電子マネープリペイドカード』

→簡単に説明すると、前払い方式のカード決済ということ。こちらは、様々な企業が独自に発行しているものが多くて、事前に現金などをチャージしてから使うことが基本的です。

②『クレジットカード』

→こちらは、先ほどの前払いとは逆で後払いとなっております。その場で買い物もしても、現金を支払うことはなく後日指定された日から、口座から引き落とされるという形式となっています。

③『デビットカード』

→個人的には、デビットカードはなかなか使わないですが、即時払い方式のカードとなっております。買い物などをすると、その場ですぐに口座から引き落とされるという仕組みになっています。つまり、口座に入っていない額以上の金額は払えないということとなっています。

④『スマートフォン』

→近年では、こちらが最も普及しており、スマートフォンの中にクレジットカード・銀行口座・電子マネーなどをあらかじめ登録しておくことで支払うことが可能となっております。支払い方式は、様々ですががタッチや QR コードバーコード決済などといった種類があります。

 

  • ポイント付与期限は、「2020年の6月末」まで、終了が近づいています。

政府がキャッシュレス化を積極推進している!

  • なぜ、こんな急にキャッシュレス化という単語が広まっているのか…。

 

中にはこんな疑問を持たれた方も多くいらっしゃるのではないかと思います。実際に、僕もキャッシュレスやペイなどを使う以前までは、ずっと現金で生きてきました。これから死ぬまで現金で、いいんじゃないかなとかって思っていた方なので、正直、この流れにはびっくりしています。

 

【日本政府がキャッシュレス化を推進している!】

日本政府は、2027年までに消費者の決済手段をキャッシュレス比率数まで40%に引き上げることを公表しています。大体、今の割合が約20%ほどなので、残り8年間いや7年間を含めて、倍に持ち上げると言う必要があります。

そのために、日本政府は増税のタイミングと共にキャッシュレス化を促進を促すために、約2800億円の予算を投じて増税ポイント還元など様々なセールや政策などを行っています。

最大5%のポイント還元!!

2019年の10月の増税のタイミングに合わせて、日本政府は消費が落ち込むことを懸念してそれを抑えるために増税ポイント還元を行っていますね。

今まで通り、現金を使っている方に対しては、何もポイント還元は行われず逆に、キャッシュレス決済の場合は、購入金額の2%か5%の還元ポイントを付与するというキャンペーンです。

これにより現金で購入するよりも断然キャッシュで購入した方がお得ということを、消費者が理解することによって、さらにキャッシュレス化が進むと予測されています。

店舗側の導入コストが低下する!!

今回のキャッシュレス化を推進していく中で、最も大きな難しい点は、対応店舗数を数となっております。いくら消費者側にポイントを還元したとしても、対応する店舗の数が少なければなかなか決済することができませんよね。

そこで政府は、キャッシュレス対応端末の導入コストの2/3税金を使って負担をすると公表しています。

今まではお釣りを渡す手間や、小売店や中小企業などの労働力不足の補填の意味でも多くの店舗がキャッシュレス対応端末を導入することとされています。

しかし、まだまだ使える店舗数が少ないといった印象を受けます。

世界的に見たら、主流はキャッシュレス!!

実は、キャッシュレス化という流れは世界的に見たらかなり日本は遅れてる立場におります。その背景としては、やはり日本人としての国民性である現物至上主義というのが引っかかっているのではないかなとは思います。

 

日本のキャッシュレス決済比率は現段階では約20%とされていますが、実は先進国ではほとんどの国が40%かなりの高水準となっております。

2020年の東京オリンピックが開催されると同時に、巨額のインバウンド需要が見込まれています。その原動力と一緒に政府がキャッシュレス決済の浸透を、できるだけ早く進めようと思っているということですね。

【事業者向け】※イチオシ決済サービス!!

今回は、個人だけではなくて事業者向けの決済サービスなども紹介していく予定となっています。

もしまだ導入していないって方や、これを機にキャッシュレスを始めたいって方は、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

【AirPAY】カード・電マネ・QR・ポイントも使える

AirPAYは、事業者向けとなっております。

様々な決済を iPad または、お手持ちの iPhone とカードリーダー1台で決済することが特徴的となっています。

さらに、業界最安水準の決済手数料となっておりかつ、導入費用や月額固定費・振込手数料などは、0円といった魅力があります。

このキャンペーンを通じて、導入した方がお得に導入することができます。

 

【Square】シンプルで画期的なカード決済

Squareの3つのメリットがあります。

  • 導入費が安く、手数料が3.25%からとなっている。
  • 入金が早く、簡単に使うことができる。
  • 数分での申し込みで完了し、他の費用がかからない。

カード決済ができることは、当たり前であり、毎日の決済をよりシンプルにし、消費者だけではなく労働者が負担を減らすことができます。

 

Square Readerはシンプルでスタイリッシュな決済端末です

・iPhone、iPad、Android端末に対応
・Bluetooth接続でかんたん設定
・フル充電で1日持つバッテリー
・ICチップ・磁気テープ付きクレジットカードの両方に対応

 

導入までは、簡単な3ステップでアカウント作成することができるので、ぜひこれを機にチェックしてみてくださいね。

 

【Times Pay】タイムズの決済サービス

還元事業登録することによって、カードリーダー・タブレット・プリンター、一式が0円というキャンペーンが実施されています。

  • 主要6ブランドのクレジットカード
  • 交通系電子マネー&「WAON」「nanaco」に対応※PiTaPaは使えません。
  • 振込手数料:0円
  • 通信費:0円
  • 分割&リボ払い:OK
  • お支払い:月2回(15日、月末)
  • EMV対応:高いセキュリティ

 

こちらが選ばれている理由は3つあります。

  • スムーズな決算処理となっており簡単である。
  • 機械の3は、工事不要で導入が楽にすることができる。
  • 365日年中無休のコールセンターがあることので安心して導入できる。

 

制度期間中は、対象加盟店は実質2.16%の決済手数料となっておりますので、是非チェックしてみてくださいね。

 

【TakeMe Pay】共通QRコード決済

決済方法は、業界サイトレベル20種類あり、全世界では95カ国以上の観光客が利用しています。

こちらも同様に初期費用・月額費用0円・専用機械不要となっており、業界最安水準となっております

 

選ばれる理由は、大体3つあります。

  • 専用の QR コードをお店に設置するだけとなっており簡単に導入できる。
  • お会計金額を確認するだけの簡単な、オペレーションがついている。
  • 多言語対応かつ、外国人観光客の対応が誰でも簡単である。

 

グローバル化していく日本にとってはかなり良く、事業者にとっても安心ですね。

 

【ライターからの一言】今すぐキャッシュレスでお得に!

最後までご覧いただきありがとうございました。

まだ導入してないっていう店舗の事業者の方は、是非この記事を参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい記事

 

 

ド素人
ド素人

こちらのクレジットを使う際に、ローン契約という仕組みが関わってくるので、勉強してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました